ES6の書き方をそろそろ覚えていきたい。

話題になりはじめてから、だいぶん時が経ってきたからそろそろ実務でもES6でJavaScript書きたいと思っている今日このごろ。

まだ未対応部分が多いから迷ってたけど、gulp-babelとか使えばいいから今から覚えていこうと思う。
Babelはこの後紹介するサイトでも説明されてるけど、まだサポートがイマイチなECMAScript2015 (ES6)で書いたソースコードを、今でもサポートされてるこれまでのECMAScript5で吐き出してくれるECMAScriptコンパイラ。ありがたや。

結構ES5からの変更点や追加機能もあるから、いざES6が浸透してJS読めなーい。書き方分かんなーい。ってなったら困るしな。。。

という訳で、ES6を書き始めるにあたって参考にしたいサイトをメモしておくことにします。

ECMA – ECMAScript® 2015 の言語仕様

es6_01

まずは公式サイト

ES6の仕様についてアレコレ書いてあります。

ES6とは

es6_02

公式サイトは英語で見たくも無いという方は、こちらの方が親切にES6の機能や導入に関するアドバイスをまとめて下さってるので参考に。

全ては書かれてないけど、ES6って何?今までとどう変わるの?というのが理解出来るはず。

Babelを使ったES6の使い方

es6_03

そして、こちらは実際にトランスパイラBabelを使ってES6を導入する時の方法が書かれてます。

Gulp、gruntを使う方法も書いて下さってます。私はGulp使う予定。

ES6のチートシート

es6_04

ES6を書いていける環境が整ったら、このES6のチートシートで書き方参考にして書いていけば、とりあえずokかな。

これでES6はじめられるー。

Written By:
Li

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です