Foundation6のPaniniの源Handlebars。

前回インストール方法を紹介した「Foundation6」に備わってる、Paniniというファイルコンパイラがあるのだけど、その源となってるのが、HTMLテンプレートエンジン「Handlebars」。

HTMLテンプレートエンジンって何?ってのを簡単に説明すると、HTMLの共通パーツ(headerとかfooterとか)を1つのファイルで作成してインクルードしたり、変数、ループ、条件分岐が使えたり、ページのデータをJsonファイルとかの外部ファイルで管理できたりなどなど、、、
JavaScriptとかPHP的なことがHTMLでできちゃう。とにかく便利なやつ。

テンンプレートエンジンのコードで書いたファイルをコンパイルすると、いつものHTMLが書かれたファイルが生成されるから、Sass→CSSと同じような感じ。

記述するコードの量も断然少なくて済むし、共通ファイルやデータを1箇所で管理できて一括で変更できて、更新・管理もすごく楽。

データベース使ったPHPやCMSが使えないスタティックサイトでは、もう鼻血がでそうなくらい便利。

私は、今使ってるのはEJSというテンプレートエンジンだけど、Foundation6のHandlebarsではFoundation用にペルパー関数が追加されてたりするし、Foundation使うならこっちの方が相性よさそう。

まだ使ったことないけど、試してみたいからとりあえず参考ページもメモ。

Written By:
Li

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です